CARE HOUSE

TOPICS

新着情報

カテゴリー:

骨格矯正の時の音について!?

  • ブログ

骨格矯正の時に、【ボキボキ】と音が鳴るとビックリする方や恐がってしまう方がいらっしゃいます。
安心してください。
その音は、骨同士がぶつかり合う音や、折れたり、壊れたりする音ではありません。
この音は、クラッキングなどと言い関節包内に溜まっていた炭酸ガス(気泡)が はじける音です。関節を包む関節包と言う袋があり、その中に関節の動きをスムーズにする為の滑液と言う関節液が入っています。関節を動かす度に摩擦が起きたり、圧力が低下して関節包の中で炭酸ガス(気泡)が発生するのです。
骨格矯正時に関節を正しい位置に動かす時、この炭酸ガス(気泡)が弾ける事で【ボギボキ】っと音がなります。
実際は、矯正時に音がしても、しなくてもほとんど関係無いです。
矯正によって骨格が整った、バランス力が上がった、身体が楽になったなどが重要で、音が鳴らなかったから矯正されてないと言う訳ではないです!
まだ骨格矯正を受けた事がない方、音が怖くて抵抗があった方、骨格矯正の効果が分からない方、お気軽にご相談ください。

予約する