自律神経について|顧客満足度95%の整体・整骨院なら戸塚・センター南・茅ケ崎のCARE HOUSE(ケアハウス)

TOPICS

新着情報

カテゴリー:

自律神経について

  • お知らせ
  • ブログ

こんにちは!CARE HOUSE 戸塚です。

本日は、自律神経についてお話しさせて頂きます。

自律神経とは、全身の器官をコントロールする神経系です。
交感神経と副交感神経から成り立っています。

~交感神経~
交感神経は、身体の活動性を生みだす神経系です。
昼間や活発に活動する時間帯に優位になります。
交感神経は、心臓の働きを促進して血流を促進します。
すると血圧・拍動・体温などが上昇するため、活発に活動するエネルギーがわきます。
結果として、仕事やスポーツなどのパフォーマンス向上が期待できます。

~副交感神経~
副交感神経は身体を休息させる神経系です。
夜間やリラックス中に優位になります。
副交感神経は心臓の働きを緩やかにします。
血圧・拍動・体温などが下がるため、心身の緊張がほぐれやすくなります。
睡眠・急速によって疲労回復が期待できるのも、副交感神経の働きによるものです。

自律神経の乱れによる症状

まず、自律神経が乱れてしまうと、いったいどのような症状が表れてくるのかを見てみましょう。
症状のうち、人によって個人差が出てきます。

~全身症状~
自律神経は全身のバランスを整える役割があるため、乱れてしまうと、だるさや不眠、疲れがとれない、手足のしびれが出るといった全身症状が現れることがあります。
~身体症状~
自律神経は内臓や代謝の状態にも影響を及ぼしているため、乱れることで腹痛や吐き気、多汗、頭痛や肩こり、現れる場合もあります。
身体症状以外は、一見すると風邪に似た症状が多くなっています。
また、ちょっとした疲れと勘違いしてしまいやすいため、あまりにも長期間続くようであれば注意を要します。

改善するには?

~腸内環境を改善する~

腸内環境の乱れは自律神経に悪影響をもたらします。
つまり腸内環境が整えば、自律神経のバランスの改善が期待できるわけです。
具体的には、栄養バランスの良い食事・適度な運動・十分な睡眠などが挙げられます。
しっかり食べることで,自律神経のバランスが整いやすくなります。

毎日を元気に過ごしたいあなた!私たちにそのお手伝いをさせてください!

当院では筋肉をほぐし、骨格矯正はもちろん、食事やトレーニングなど、患者様一人一人のお悩みに合ったメニューをご用意させていただいています。ぜひお気軽にご相談ください!

予約する