足のむくみ|顧客満足度95%の整体・整骨院なら戸塚・センター南・茅ケ崎のCARE HOUSE(ケアハウス)

TOPICS

新着情報

カテゴリー:

足のむくみ

  • ブログ

皆さんは足が浮腫んだ経験はありますか?

人間は約60%が水分でできています。

そんな足の浮腫ですが、なぜ起こるのか知っていますか?

「むくみ」を引き起こす原因として挙げられるのが、まず血流の低下です。
デスクワークの人が、夕方になると脚が重だるくなったり、履いていた靴が窮屈に感じたり、靴下の跡が足につくのは、下肢の筋肉を動かす頻度が少なかった為、足の血流が低下してしまうために起こります。

体のなかでも、なぜ足がむくみやすいかというと、それは心臓から遠くにあるからです。
特にふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たし心臓に送り返す役割を担っています。
血液とともに水を全身に巡らせているのですが、『ずっと動かずにいる』とポンプの役割が働かず重力の影響で水分が下半身にたまってしまうからなのです。

また骨盤の歪みも下半身の血流低下の原因になります。
骨盤周りには太い血管が足へ向かって走行し心臓から送り届けた血流が足の指先まで送り届けられその後老廃物などの不要物質を回収して心臓に送り返されます。
歪む事によってこの上半身と下半身を繋ぐいわばパイプが詰まってしまうと、不要物質が足に溜まったままになってしまい、むくみへと繋がります。

普段の姿勢や歪みを改善する事で結果的に長期的にむくみ辛く楽な状態が続きます。

その場しのぎではなく、一度しっかり改善してみませんか?

予約する