CARE HOUSE

TOPICS

新着情報

カテゴリー:

怪我の多い時期

  • ブログ

こんにちは!

CAREHOUSEです。

 

本日は、寒くなってきたこの時期にぴったりな内容をお話しします!

 

この時期に怪我が多くなってきていませんか?

ぎっくり腰や寝違え、肉離れなどなど。

今回は、なぜ怪我が寒い時期に多いのかお話ししますね。

 

筋肉の温度の低下による怪我のリスクについて

 外気温が低いことで、筋肉も冷えて血行が悪くなってしまいます。すると柔軟性が低下し、筋肉や関節のケガのリスクが高くなるのです。とくに起こりやすいケガが「肉離れ」。瞬間的な力を発揮するダッシュや急激なストップ、動作の切り返しによって筋肉を傷めてしまうのです。また、柔軟性が低いと体勢を崩した際にいつもより関節が動かず、ケガをしやすい原因となります。これはトレーニング中に限らず、日常生活の中でも同じようにリスクが高まるのです。

対策としては、汗ばむ程度までウォーミングアップ、ストレッチなどを入念にすることです。

以前のブログでは、

寝違え、ギックリ腰の症状についてもお話しさせていただいてますので、気になった方はぜひチェックしてください!

 

これからの時期は、急に動き始めないように気をつけて過ごしていきましょう。

 

怪我や、痛みを抱えている方はぜひ一度お電話ください。

 

センター南 045−482−7009

戸塚    045−392−3442

予約する