CARE HOUSE

TOPICS

新着情報

カテゴリー:

産後でお悩みの方へ!

  • ブログ

こんにちは!
CAREHOUSEです!

今日は産後の方に多い腱鞘炎についてです。

産後の腱鞘炎の原因

子どもを抱っこしたりして手首や親指の近くが痛くなる事ありませんか?その症状は腱鞘炎かもしれません。長時間の抱っこや授乳は手首への負担が大きく、育児中は腱鞘炎になる確率が高くなります。

腱鞘炎とは、筋肉と骨をつなぐ指の腱鞘に炎症が起こってしまって、関節に痛みや腫れが起きる症状です。
普通の運動なら起こりませんが、無理な運動を続けると腱鞘がダメージを受け、炎症を引き起こしてしまいます。

長時間の抱っこや授乳
新生児は2~3時間おきの授乳が必要なので、抱っこしたりなどを繰り返します。1日に何度もすることで、手首を使い過ぎてしまい腱鞘炎を引き起こすケースがあります。
1歳までの赤ちゃんの重さは一般的に3キロ~10キロなので、抱っこできない重さではありませんが、長時間の抱っこは手首に負担がかかります。
腱鞘炎になりやすいのは初めてのお子さんを子育て中の女性です。慣れない授乳や抱っこにより、過度に力が入ってしまい、腱鞘炎を引き起こしてしまうのです。
産後のホルモンバランスの変化
腱鞘炎は産後のホルモンバランスの変化も影響しています。産後は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。
エストロゲンには炎症を抑える作用があるので、産後のママは腱鞘炎を起こしやすい状態といえるでしょう。

心当たりがある方はまず安静にして手首、親指を使い過ぎないようにする事、その際、サポーターやテーピングで固定するとより良い効果があります。また氷などをビニールに入れアイスパックを作り痛い箇所を冷やす事をお勧めします。

当院では、怪我の対応も行なっております。
どうしたらいいかわからない。とお困りの方は是非一度ご相談ください。

戸塚  045−392−3442
センター南 045-482-7009

予約する