戸塚のマッサージ整骨院CARE HOUSE(ケアハウス)

知らせ

Topics

骨盤の歪み

2019.06.15

人間の骨盤に変化が起こると脊柱は色々な形に変位し、骨盤の歪みを作り出します。
その歪みは.身体の神経の流れの悪さの他、ホルモン・リンパ・血液の流れ・首や腰の骨などへの構造的圧迫、椎間板に対するストレスに影響します。更に骨盤の歪みは、肩や膝の問題を作り出してしまいます。

特に女性にとっては、骨盤の関節の機能異常は非常に重要です。 女性にとっての骨盤の歪みは、生理痛や生理不順などにも影響し、さらには出産、特に出産後のケアにも非常に重要です。
出産後の腰痛や体重の増加、肩こりがひどくなったなど、様々な症状をうったえる方が非常に多いです。
このレベルでは一時的な矯正や単なるグッズでは取れません。

女性の骨盤は.ホルモンにより出産に備えて少しづつ開いていきます。
これは、出産時に赤ちゃんが産道を通れるように、身体(女性ホルモン)の作用によって骨盤が開きやすくなります。
そして、出産が終了すると、骨盤は身体の自然作用によって元に戻ろうとします。
しかし、このとき骨盤が歪んだままの状態で閉じてしまうことで歪みが定着し体のトラブルを引き起こします。

定着してしまった歪みは繰り返しのケアやインナーマッスルを鍛えて正しい状態をキープしていく必要があります。

産後の歪みに関しては産後2〜6ヶ月の間であれば戻りやすいと言われています。

歪みが定着する前に産後の矯正で整えることが重要です。

ページトップへ